• ペットによるフローリングの問題は早期に修理を。

    フローリングはそう簡単に壊れるものではありません。


    しかし、ペットを飼育している家庭では、やはり劣化が平均的な住まいよりも進みやすいです。
    特に爪を研いだり、爪で床を引っ掻く癖がある猫は、フローリングとの相性が正直よろしくありません。



    古いタイプの素材だと簡単に猫の爪で剥がれてしまいますので、要注意です。


    別に猫は悪意を持って床を傷つけているわけではなく、一種の本能として爪とぎをしているに過ぎません。

    そのため、飼い主が無闇にフローリングのことでペットを叱ってしまうのは逆効果です。



    ただし、現実的な問題として猫や犬に床を傷つけられては、肝心の暮らしが不便になります。古いタイプの床は、素材的な問題から簡単に傷が入ってしまいます。
    リフォーム業社に連絡を入れれば、新しい耐久性の良い素材で修理してくれますので、ある程度、ダメージが蓄積した家庭の床は、思い切ってメンテナンスしてみましょう。


    また飼育がきちんと行き届いているペットたちも、ちょっとした油断からリビングや書斎で、糞尿を漏らしてしまう事があります。
    ペットの糞尿による匂いやシミが付着した床では、流石に気持ちよく生活出来ませんので、傷同様にリフォーム業社に相談し、全面的に修理してもらいましょう。汚れが本当にごく一部であれば、その部分だけをコンパクトに修理してもらう、といった依頼方法もあります。



    何も全室のフローリングを張り替える必要はなく、リフォーム業社に正しく意図を伝えれば、それに十分対応してもらえます。